大阪では認定ベビーシッターが人気です

subpage01

夫婦のライフスタイルが変化し、共働きの家庭が増えてくると、必然的に子どもの保育の問題がクローズアップされます。



待機児童の問題はその最たるものですが、実際にこの問題が解決するには、まだまだ時間が必要です。しかしながら、子どもの成長は待ってくれませんから、大阪で保育所や幼稚園の変わりとして注目されているのがベビーシッターです。

これなら、訪問型保育サービスですから、少なくとも自宅さえあれば子どもの保育は可能です。その一方で、ベビーシッターになりたいという人も増えています。



特に、大阪では、保育士資格を持っていながら、長時間労働ができない人や、子どもに関係する仕事がしたくても、これまでそういった機会に恵まれなかった人たちが、自分たちの需要のあるうちに仕事を始めたいと考えています。もちろん、保育士や幼稚園教員のように国家資格は必要ありませんから、極論すれば今すぐにでも仕事を始めることはできます。

ただし、大阪で実際にオファーがあるかと言えば、ほとんどないというのが現状です。



というもの、大切な子どもを短期間と言えども、他人に預けることは両親としては、抵抗があることですし、ましてや何の資格もない人に自分の子供を預けることはできません。

そこで大切なのが、全国保育サービス協会の主催する試験に合格して、認定ベビーシッターとして登録をしてもらうことです。
認定されることによって、ユーザーからの信頼を得ることになりますし、今まで以上に、責任感を強くしてベビーシッターの仕事を行うことにもつながりますから、とても良い傾向ではあります。